いぎりすっこ。

いぎりすの記録。飽きて放置したらそのときはそのとき。毎日更新は最初だけだと思います。☺︎

どこの国でも母の味は強し

クロアチア旅行記、Zagreb編。

ものすごい遅れてごめんなさい、下書きは完成してたんだけどバタバタしちゃってて…ごめんなさいぃ

さぁ、気を取り直して。

クロアチア2日目は、素敵な朝ごはんからスタートしました。☺︎

f:id:pooonyo:20150803091825j:image

クロアチアで作られたチーズやハムに自家製ジャム、、、

こんなの本当に毎日食べてるの!?って思わず聞いちゃうくらいどれも美味しくて。朝からお腹いっぱいになっちゃいました。☺︎

ご飯の後は、車に乗せてもらって、いよいよZagrebの中心地へ。

最初に案内してもらったのは、イェラチッチ広場という、Zagrebの中心となる広場。

f:id:pooonyo:20150803091847j:image

人がたくさん☺︎
でも、今まで旅行に行ったら、どんなに日本人少ないなぁと思っても1、2組は見かけていたのですが、Zagrebは本当にいなかった。!
やっぱりクロアチアはまだまだ日本人にはマイナーなのかな?

広場の中心にはイェラチッチ総督の像があります。

f:id:pooonyo:20150803091915j:image

その広場の横には、小さな泉があるのですが、お友達曰く、お願いを唱えつつコインを投げ入れたら叶うと言われているとのこと。

f:id:pooonyo:20150803092353j:image

そんなことを聞いたらやらずにはいられませーん☺︎


広場から伸びる階段を登っていくと、そこにはたくさんのお花屋さんが☺︎!
花市場がありました。
 
f:id:pooonyo:20150803092412j:image

Zagrebにはお花屋さんも多くあり、本当にあちらこちらで見かけることができました。

そのお花屋さんロードを抜け、少し歩くと、、

可愛らしい屋根が!見えてきた☺︎!!

屋根のモザイクが目印の、聖マルコ教会です。

f:id:pooonyo:20150803092428j:image

屋根に施されてるのはクロアチア王国、ザグレブ市、スラヴォチア地方の紋章のモザイクらしいです。

と、ここで、ガードマンの交代式が始まりました。


f:id:pooonyo:20150803092444j:image


ここから交代式が始まり、街中を回ります。

みんなビシッと同じポーズを決めます。

f:id:pooonyo:20150803092500j:image

聖マルコ教会は、少し高台にあるため、
そのあとケーブルカーに乗りました。
と言っても、このケーブルカー、世界一短いとされているので、本当に短い。

f:id:pooonyo:20150803092521j:image

私は記念に乗りましたが、本当は全然乗らなくたって降りれるんです。

名前はウスピニチャ。かわい。


その後は、Zagrebの市場に連れて行ってもらいました。私の友達のお母さんも毎週土曜日の朝にここに1週間分の買い物をしにくるのだそうです。

f:id:pooonyo:20150803092541j:image

朝ごはんで食べた美味しいトマトはここで買ったのか!と納得。本当にフルーツみたいに美味しかったです。

果物、野菜、ハンドメイドの木製品などなど、本当にいろんなものが揃っていて、カラフルで、見ているだけでたのしい!!

そのあとは大聖堂へいったり、、

f:id:pooonyo:20150803092552j:image

f:id:pooonyo:20150803092614j:image

可愛い通りをお散歩しつつ、カフェに入ってお話したり、、

f:id:pooonyo:20150803092621j:image

お気に入りの公園に連れて行ってもらったり☺︎!

f:id:pooonyo:20150803092642j:image

ヨーロッパは、どんなに街中が都会でもちゃんと緑があるのがいいなぁと毎回思います。

ロンドンもそうだけど、あんなに人がたくさんいて混み合っているのに、ハイドパークなどの公園に入ってしまえば、リスがいたり、大きな泉があったり、木がたくさんあったり。

そういうところは東京の渋谷とか新宿とかと全然違うから羨ましくなります。

f:id:pooonyo:20150803092657j:image

Zagrebはロンドンより都会ではないのですが、でもトラムとかで交通機関もちゃんとあるし、お店もたくさんあるので田舎ではなく。

本当に素敵なところでした!

あと、クロアチアは私が訪れたヨーロッパの中で一番物価が安かった☺︎!観光地はやはり少し高くなりますが、それでもイギリスから訪れてる分、安さに感動しまくりでした、、

一通り観光した後は、お家に一度戻ってランチをご馳走になりました。

友達のお母さんが気合を入れてクロアチア料理を作ってくれたみたいで。

初めて食べた料理が多かったけど、ほんっとうに美味しくて美味しくて

f:id:pooonyo:20150803092821j:image

デザートのケーキまでめーっちゃおいしくて

f:id:pooonyo:20150803092834j:image

お母様様でした、、、



ありがとうお母様。

一つ一つ料理を説明してくれて、その説明をお友達が英語に訳してくれて。

友達の家にお世話になることで、クロアチアの文化に直に触れることができて本当に幸せでした。

その後は、少し休憩してから、夜のZagrebへ繰り出しました。

あちこちで音楽が聞こえて、みんなビール飲みながら踊ったり歌ったり。

f:id:pooonyo:20150810003051j:image
楽しい夜を過ごしました☺︎

こんな感じのZagreb1日目。
実はZagrebはクロアチアの首都だけど小さい街なので、ほとんどこの1日で観光は終わってるんですが。☺︎


ではまた!!

一生忘れることのできない留学初日

今週のお題「ゾクッとする話」

クロアチア旅行記の途中ですが今週のお題を間に失礼します。

どうしても書きたかった。

初めに言っときますが、これは霊とか、怖い話のぞくっとする話ではないので苦手な方も安心してね☺︎


イギリスにきて、もう留学のラストスパートを迎えている私。今はどこにでも1人で行っちゃいますが、それは今だから言えることであり、やはりきたばかりの時は外に出るのが怖かったです。

英語、全然わかんないし、話せないし。

でも、変なところで肝が据わってるというか、楽観的な私なので、留学来る前も

行ってしまえばどーにかなる、とゆうかどうにかするしかない!

という考えのもと、イギリスに旅立ちました。

友達や、両親とバイバイするときもあまり実感もわかなかったので、

じゃあ行ってくるね〜

と軽めに挨拶をしたぐらいでした。

でも、一人で飛行機に乗って、席に座って、いざ離陸。

となったら、いきなり実感がわいてきて。(遅い)

急に怖くなって、怖くて怖くて仕方なくて、

日本に一年帰ってこないって冷静にやばい

とか思い始め(遅い)

気付いた時には、涙がでてきてました。

大学生女がひとりで、飛行機で泣くとかありえない

とか思いつつ、涙、止められませんでした。

周りの人から見たら本当に異様な光景だったんだろうな。

あのこ、失恋でもしたのかしらとか、思われてたのかな。

幸い、隣に人はいなかったんですがCAさんにはどう頑張っても気づかれてたと思います。

まぁでもしばらくたって、落ち着いたら、最初の行っちゃえばどうにかするしかない精神が戻ってきて、その後の飛行機は特に涙も流すことなく、食っちゃ寝食っちゃ寝して13時間過ごしました。


さぁ、問題はイギリスについてからです。

13時間のフライトを終え、イギリスについたのはイギリス時間で夕方4時でした。

少し、不安だったpassport controlもすんなりクリア。

が、事件はその後起こったのです。


日本で、ヒースロー空港からホームステイ先までのタクシーのお迎えを依頼してたのですが、

探しても探しても、私の名前を持ったドライバーさんが見当たらない。

30分ぐらい探しても、歩き回っても、見当たらない。


あれぇ、、おかしいぞ☺︎


正直、タクシードライバーさんが見つからないのは、私が一番恐れていた事態でした。

周りは見渡す限り外国人。初めての一人海外。頼れるのは自分だけ。

自分でこういう場合もどうにかするしかないのです。そんなことはわかってました。

でも、怖かった。飛行機の時以上に怖くて。

でも泣くに泣けない。泣いてたって誰も助けてくれない。

とりあえず何かできることをしようと思い、色々書類やメールを見返していたら日本にいた時に教えてもらっていたタクシー会社の電話番号を見つけ、電話をしました。

日本で聞いた電話番号。

なぜだかどこかで日本人がでるだろうと期待していた。

が、最初に電話の向こうの人が発した言葉は

Hello?

でした。

切ろうかと思った。

でも、切りたい欲を必死に抑え

ここで切ったら一生空港から出れない、、

と自分に言い聞かせ

本当に拙い英語で状況を説明しました。

それにしても、留学に来て初めての英会話が電話の相手とか難易度高いな☺︎

拙い英語でしたが、なんとか状況が伝わり、名前を教えると、受話器の向こうのお姉さんが言った言葉は

あれ?あなた、明日到着の予定だよ?

でした。


もうこれはぞくっとゆうか、ひやっとゆうか、

頭が真っ白になるあの感じ。

二度と体験したくない、あの感じ。


そんなことを言われたって私ちゃんと日にち伝えたし

もし間違えてたとしても私もうイギリス来ちゃってるし

え、じゃあ私このまま明日まで空港にいなくちゃいけないの

と、一瞬にしていろんな考えが頭をよぎりました。


とりあえずまた掛け直すとだけ言われ、電話を切られ、その電話を待っている時、

あれ。ここで涙が。(二回目)

来ればなんとかなる精神で確かに来た。けどまさかこんなに早くトラブルにぶつかるとはおもってなくて。

このまま一年私生活できるのか不安になり、もう全力で日本に帰りたかった。イギリス到着後、40分にしてホームシックとは、もうギネスレベルなんじゃないの?とか考えてました。


そして掛け直しの電話がかかってきて、言われたことは

今から迎えに行くから、そこで2時間まってなさい

と。

迎えが来る嬉しさと、その2時間に対する不安と。いろんな感情がありました。

が、その電話を切った後は

もう待つしかないんだ

とある意味ふっきれ、空港のWiFiをつなぎ日本にいる友達に連絡。

とても安心しました。それだけで。

日本はもう深夜なのに、その2時間ずっと構ってくれた友達には本当に本当に感謝してます。

あの時間、友達がいなかったら、人生で一番心細い時間を過ごしていたと思います。

f:id:pooonyo:20150726222250j:image

(待ってた時に撮ったの写真)


そして、2時間後には無事、タクシードライバーさんが来てくれて、ホームステイ先のお家にたどり着き、波乱万丈な私の留学初日は幕を閉じました。

今だから笑い話にでにるけど

本当に怖かった、ぞくっとした私の経験。

まぁこの経験が私を強くしたというのもあると思います。この時ほど、日本に帰りたいと思ったのも、その後はなく、楽しく留学生活を送ることができました。


んーでも、やっぱりもうあの経験はしたくない!!!!


では、また次から旅行記に戻りますね。☺︎

ではでは〜

持つべきものはお友達

どーも、
またもご無沙汰になってしまいました。

やっと少しだけひと段落ついたのでこの前の旅行記を書き始めようと思います。

じゃなきゃ、次の旅行が始まっちゃう!!!


今回、訪れた国は

イギリスに来てから
ずーっと行きたいと思ってた国。


それは、

クロアチア!!です。

でも、正直、スペインやイタリアなどの国と比べ、クロアチアと聞いてピンとくる方は少ないのではないでしょうか。

私もそうでした。

では、なぜ私がクロアチアに行きたいかと思ったかというと。

それは単純に、

クロアチア人の友達がいるから☺︎

です。

その子とはイギリスに来てから知り合ったのですがすぐに意気投合して。
それからずっと連絡を取り合ってました。

その子がいるから行きたかった

ってゆうのも確かに大きな理由なんですが

その子に出会ってからいろいろクロアチアについてネットで調べてたら、本当にどの写真も綺麗で、国自体にも興味がわいてきたってゆうのも本当です☺︎


帰国前にクロアチア絶対行くからね!!

って言い始めて早10ヶ月。

ようやく訪れることができました。☺︎


そんな今回のクロアチア旅行、
5泊6日で計画しました。

ゆうても初日と最終日は移動日。

観光できたのは実質4日間。

最初の3日間はクロアチアの首都、Zagrebに泊まり、4日目に飛行機で旧市街で有名なDubrovnikへ移動し、そこに2日間滞在しました。

そんな初日、7/3(金)は、夜便で向かう予定だったので、学校終了後に急いでヒースロー空港へ。

f:id:pooonyo:20150722004630j:image

でも急いだのに飛行機が45分遅延してました。くそう。

すぐに友達に知らせたら

よくあること。

らしいです。


そして、搭乗してから飛行機に乗ること約2時間。(時差の関係で実際は3時間)

f:id:pooonyo:20150722004619j:image

あっとゆうまにクロアチアに到着です☺︎

Zagrebの空港は本当に小さい空港なので、迷うことの方が難しいとおもいます。

この日はそのお友達が車で空港までお迎えに来てくれていたので、空港で感動の再会を果たしました。☺︎

と、ゆうても2ヶ月ぶりなんですが。

これ、本当にすごいんですけど
2ヶ月前に私がウィーンに旅行に行った時に、たまたま彼女もウィーンに旅行に来ていて、

彼女が、「今、ウィーンにいるから写真送るね」っと写真を送ってくれて、

は!!!?わたしも!!

ってなり、次の日に時間作って会ったんです。すごい偶然ですよね。

世界ってやっぱり狭いのかもしれない。☺︎


少し話がそれましたが、そんなわけで2ヶ月ぶりに会った私たちは
たわいもない会話をしながら彼女の家に向かいました。

お迎えだけでなく、Zagrebに滞在する間は是非わたしの家に泊まってほしいと言ってくれた彼女。

お言葉に甘えてお世話になりました。

やっぱり持つべきものはお友達だなぁとも思いつつ、どうやったら恩返しができるのかなぁと考えたり。


その日は到着が深夜だったにも関わらず、彼女のご両親も起きててくださり本当に有り難かった反面、申し訳なかった。

挨拶して、お土産を渡してから
この日は眠りにつきました。☺︎

初日は何も観光してないけど
こんな感じで私のクロアチア旅行は始まりました☺︎


でわまた!!

ちょっくら旅行へ

ご無沙汰です。

最近忙しかったり、まぁいろいろあったりして、全く更新できてなかった。

ロンドンいったり学生寮でパーティしたりとネタはいろいろあるのに書けない悔しさ。

そのうち書いていきますね☺︎


じつは今、飛行機に乗ってあるところへ向かってます。

ヒントはイギリスから2時間くらい☺︎

また、帰ったら旅行記書ーこおっと。(早めに書けたらいいなぁ)


で、飛行機暇なのでブログをかきかき。


今、透明の箱に入ったオリーブをCAさんが配ってくれたのですが開け方がわからなくて。

ひとりで開け方に苦戦してたら、隣の人が助けてくれました。優しい。ああ、旅行たのしい。(はやい)

飛行機遅れてたからすこしぶるーだったけど、もう元気いっぱい幸せいっぱい。

単純なやつです。


でもたぶん、私みたいな単純なやつも
世の中少なくはないと思うので私も困ってる人がいたら助けよう。


私、本当に根性なしなんです。
ガッツがないというかなんというか。

打たれ弱いというか。

最近つくづく感じる、自分の根性のなさ。


例えば授業とか。
ディベートしてる時、みんなはどんどん発言してくのに、私はなかなか発言できなかったり。自分の発言の番がくるってなると震えるほど緊張したり。そのせいで普段以上に英語が出てこなくて空回りになっちゃったり、パニックになっちゃったり。そんなんしょっちゅうなんです。

お店とかでも、店員さんに聞けば一発でわかることをなかなか話しかけようとしなかったり。

留学してるのに話すことから逃げててどうするんだって自分でもわかってるんですけどね。


で、帰り道に

なんであの時ああやって言えなかったんだろう

あーこの前勉強した表現使えたのに

とか考えながら、地面にのめり込みそうなほど反省しながらの帰宅路とか、ほんとにしょっちゅう。

最近特にそういうことが多くて、さらに、課題課題と追われてしまってて。 

めずらしくなかなか眠れなかったり
お腹壊してしまったり。


なんだか、うん、考えられされることが多い

そんな充実した毎日でした!!!☺︎


全部自分の糧になると信じて。


でも、とりあえずお勉強は一旦全て投げ出し、この旅行目一杯楽しみます!☺︎!!

友達にはやくあいたいよ〜〜

ではでは

海外旅行が元気の源



今週のお題が「海外旅行」ということで、今日は海外旅行のおはなしを。


今、イギリス滞在中の私は、

日本にいる時より遥かに旅行の頻度が増えてます。


せっかくヨーロッパに長期滞在してるのにヨーロッパ旅行しないで終わるわけにはいかない!


と、決めてきたので☺︎


今までまわった国は、スペイン、イタリア、フランス、ドイツ、ベルギー、ハンガリー、オランダ、オーストリア、スコットランド、、、


こうやって書き出してみると

本当にたくさんの国に足を運んできました。この9ヶ月で。


f:id:pooonyo:20150624080523j:image

f:id:pooonyo:20150624081000j:image

でも、こうやって改めて

海外旅行のよさってなんだろうって考えると少し難しいですね。



私が、国内、海外に関わらず旅行をしている時に、一番好きな瞬間は


自分が教科書やらテレビやらで過去に見たものと同じ景色をこの目で見る瞬間


です。この瞬間がたまらなく好き。


いくら有名な観光地の写真を見せられたって

正直わたしにとってはただの写真。

なかなか興味も湧いてきません。

(歴史を勉強してた時も、こんなことを考えてたからだいぶ苦労したんだろうなぁ)


でも、自分が行くとなったら話が変わってきます。

まず、この地は何が有名なのか、から始まり、行く前に少しでも予習して、思い残しのないようにしようとか

そういえば前に教科書でこんな写真みたなぁとか、

その地についてもっと知りたいって思い始めます。


そして、実際に現地へ行き、

自分のこの目で確かめて


本当に写真のまんま!!!!

本当に存在してる!!!


って感動するのが好きです。

なんだか、ただの写真だったものをやっと自分のものにしたような、そんな感じ。


行くことがなければ、知ることができなかった情報、見ることのなかった景色。

旅行ってこういったものをたくさんくれますよね☺︎

f:id:pooonyo:20150624080613j:image


そして、それが海外となってくると

それに加えて全てにおいて新鮮になってきます。


人種、言葉、文化、食べ物、全てが異なり、

見渡す限り、日本人がいない状態


なぜなら、私が外国人だから。


こんな経験、なかなか日本にいては体験できないと思うんです。


海外旅行中、

中には素敵な出会いがあったり

もう頭の中が真っ白になっちゃうくらいの

トラブルに巻き込まれたり

やっぱり、国内旅行より国外の方がトラブルに巻き込まれることが多いですよね。

言葉の問題があったり、日本から遠く離れた、全く別の地にいるわけですから。


予想外な出来事は、直面している最中は

必死になって、もう涙が出そうなのに

そういう経験こそ印象に残って

のちのち笑い話のネタになってたり☺︎

そういう経験が、私を成長させてくれてる気がします。


それともう一つ。

海外へいくと、日本のことを考え直すきっかけになるのが好きです。


今まで、発見できなかった日本のいいところ、悪いところを発見できます。


例えば接客。

確かに日本の接客は素晴らしくて、嫌な思いひとつせずにものを買えるけど、海外の接客を見てしまうと少し異常すぎるのかなとか。

他にも、

なんで日本人はトイレにあそこまでの快適を求めてこだわったんだろうとか。

疑問だけでなく、

日本の治安の良さ、コンビニが24時間営業していたりすることからどんなに日本が住みやすいか再確認させてもらったり。


きっとこんなこと、日本に閉じこもってたら一生考えることのなかったことだと思うんです。

いつもなにげなく生活してたら

当たり前で終わってしまうことを

当たり前でなくしてしまう海外旅行に刺激を受けます。

今まで死角に入ってしまっていたところを海外旅行が見せてくれるんです。

それが、たのしい!☺︎


学生である今も、海外旅行の計画をし始めると分かりやすいくらいにテンションが上がる私なので、

きっとこれからの人生、

海外旅行のために働いて、海外旅行へゆき、また働く


そんな繰り返しになる気がしてます。



でも、そんな人生も悪くないかも☺︎


では、また明日。おやすみなさいませ。

f:id:pooonyo:20150624081830j:image

f:id:pooonyo:20150624081741j:image


イギリスに染まろう。(afternoon-tea編)

 
こんばんは☺︎
 
昨日気づいたのですが、先週、お題に沿った投稿を初めてしてみたところ
 
はてなブログさんにピックアップしていただいてたみたいで。
 
f:id:pooonyo:20150623061943j:image
 
f:id:pooonyo:20150623061945j:image
 
 
更新しない割に、閲覧が増えてるなぁと思ったらこういうことだったのですね☺︎
 
わーい!うれしい!!!
 
(でも貼る画像がなさすぎて、アホみたいな画像選んだことに全力で後悔した)
 
 
これを機会に私のことを知ってくださった方、これからよろしくお願いします。☺︎
 
 
 
では、今日はこの前の金曜日、久しぶりにしたafternoon teaのお話を。
 
この前、学校帰りにお友達に誘われてたので、私の住んでる街で一番評価が高い(みんな大好きトリップアドバイザー情報)afternoon teaできるカフェに行ってきました。
 
 
afternoon teaとは、主に3段重ねのティースタンドに、下からサンドウィッチ、真ん中にスコーン、一番上にマカロン、ケーキなどのスイーツが乗ってて、それらを紅茶とともに楽しむもので、
下から順に食べていくのが基本です。
 
以前にロンドンで本格的なafternoon teaをした時の写真がこちら☺︎
 
f:id:pooonyo:20150623062024j:image
 
ここのお店は少し変わっていて
後からあたたかいスコーンが別に出てくるスタイルだったので2段目にもスイーツがのってました。
 
 
でも今回は、いつもお腹いっぱいになっちゃうし、意外とafternoon teaってお高いので、cream tea (スコーンと紅茶のみのもの)でいいかなぁという感じで行きました。
 
お店に入ってメニューを見てると
クリームティー、アフタヌーンティーの他にスペシャルクリームティーという選択肢があったので、興味本位でそれをトライすることに。
 
 
注文する際、紅茶の種類を選ぶのも毎度のことです。
いつもノーマルな、english breakfast やdarjeeling などにしてしまうのですが、(普通の紅茶でも、イギリスは本当においしいです)
今回はお店のお姉さんにおすすめをきいて、ベリー風味の少し変わった紅茶をえらんでみました。
 
 
注文した後すぐに、紅茶セットだけでてきました。
 
f:id:pooonyo:20150623062041j:image
 
 
写真じゃわかりにくいですが、
色がすごく綺麗なピンクで、香りもすごくいい香りでした。
 
 
f:id:pooonyo:20150623062658j:image
 
 
本当においしかった、、!
 
 
 
 
そして、紅茶飲みながら待ってたら、お待ちかねのティースタンドが到着。
 
 
 
 
 
f:id:pooonyo:20150623062102j:image
 
 
あれ!思ったより全然afternoon teaぽい!
 
アフタヌーンティーだとおそらく、
もう少しスイーツの種類などが増えるのでしょうが、わたし的にはこれで大満足でした☺︎
 
 
この中でも、スコーンが最高でした、特に。
ああ、もういっかいたべたい。
 
わたし、スコーンには目がなくて。
 
 
イギリスでスコーンを頼むと
だいたいクロテッドクリームという濃厚なクリームとジャムが付いてくるのですが、
 
これをたっぷりつけると、本当に本当においしい!!です!!
 
(この際カロリーは気にしちゃぜったいにだめ。ぜったいに)
 
 
なんでクロテッドクリーム、
日本ではあまり見かけないのかなぁ。本当においしいのに。
 
 
 
スコーンの食べ方は
 
まず、スコーンを横に半分に切って間にクリームとジャムをたっぷり塗ってから挟み直して食べる
 
というのがイギリスでは一般的だとおもいます。
 
この時クリームを先に塗るか、ジャムを先に塗るかでイギリスでも分かれるみたい☺︎
 
クリームを先に塗るのがデヴォン地方
ジャムを先に塗るのがコーンウォール地方
 
私はちなみに、デヴォン派。です。
 
 
みんなそれぞれ、紅茶にもスコーンにもこだわりがあるんですね。すてき!
 
 
初めてイギリスでスコーンを食べたのは高校生のときでしたが、美味しくて感動したの今でも覚えてます☺︎
 
それくらい、本当においしいです☺︎
 
本当にオススメです☺︎しつこい?
 
 
あと残りの生活で何回スコーン食べれるかな。
 
 
それでは、今日は
 
イギリスに染まろうafternoon tea編
 
でした。
 
シリーズ化してないけども。
 
 
おやすみなさい。☺︎

きょうは父の日


少しお久しぶりの更新です

書きたいネタがどんどんたまってゆく、、お題も絶対書きたい、、、今週のやつ、、

まぁ時間がある日にちょこちょこかいてゆきます。☺︎


そんなこんなで、
きょうは父の日でしたね。

母の日は日本とイギリスじゃ日にちが違うのに、父の日は同じなんですね。


ホストファザーのPaulには
カードを書いて送りました。☺︎


f:id:pooonyo:20150622081641j:image


これで、ホストファミリーにカードをあげるのは4回目。
2人の誕生日と、母の日、父の日、制覇です☺︎

きっと次書くのはお別れのカードかなと少しさみしくなったり。




そして、日本のお父さんには
いつもありがとうってゆうLINEと





Paulにあげたカードの表紙の写メを送りました



あれ。

これ、日本のパパ複雑な心境にしちゃったかな、、

と後から思ったけど

まぁ、ありがとうってLINE返ってきたのできっと喜んでくれたはず。

うん。



うん…。



まぁでも日本のお父さんには感謝してるし、尊敬もしてます。本当に。

こんなこと本人にゆったら
泣いて喜んで死んじゃうんじゃないかって感じだから言わないけども。

朝から夜遅くまで家族のために働いて
でも休日は遊んでくれて、ちゃんとお父さんしてくれて。

今思うと子供と外で遊ぶより
家で休みたかったんじゃないかなぁ

と思うけど。休日私と兄をいろんなとこに連れてってくれた父に今になって感謝してます。

長いお休みには旅行に連れてってくれたり
夏には家族全員で登山、冬には家族全員でスキーをするのがおきまりでした。

だから泳ぎもスキーも得意の部類なんだろうな☺︎わたし☺︎

こうやって改めて振り返ると
小学生、中学生だからこそ家族全員でお出かけできてたんですね。

今じゃ兄も仕事があったり
私もバイトやらサークルやらで忙しかったり

なかなか家族の時間が合わないので。

すごくいい時間を家族と過ごしてこれました。


今はこんなふうに書いてるけど
これは今だからかける話で。

実はついこの間まで

お父さんとは話さない娘

でした。

よく女子高生とかにありがちだけど
私の場合その期間が長くて。

成人したぐらいからまた、話し始めるようになりました


だから実際、父の日にありがとうを言ったのも小学生ぶりくらいだったかも。

もう長いこと、父とは一緒には住んでないのですが、たまーに家に帰ってきた時も全く話しかけず。話しかけられても

うん


ううん

しか言わなかったと思います



ああ、おとうさんごめんよ。家族のために働いてるのにその家族から嫌われてたなんて。


でも、思春期だったんです。

よく聞きますよね。
お父さんのあとはお風呂入りたくない!!!ってやつ。

まさにそれ。

友達に、一緒に住んでないのにそんなことゆうのはさすがにかわいそうとかよく言われてたけど

だってうざいんだもん

っていっつも言ってました。


お父さん、ごめんて。


その分今後はちゃんとお話ししようって思います

最近LINEもなんだかめっちゃくちゃどーでもいいことを頻繁に送ってくるので
ちゃんと返して、

日本に帰ったらたくさんイギリスのお話聞かせてあげなきゃ☺︎


なんだか留学に来てから
本当に家族の大切さを感じることが多くなりました。

一生こんなこと思わないと思ってたのにな。

末っ子だからかなぁ。
本当に自由になんでもやりたいことをやらしてもらってきた気しかしてないです。習い事とか。

The 末っ子のワガママ娘に育ってしまいました

ちゃんとこれから親孝行したいな。

あと兄孝行も。☺︎


ではでは今日はこのくらいで。


おやすみなさい